うぃずあうとぱーぱす
highlandvalley:

注目ボケ一覧 : ボケて(bokete)





(via TumbleOn)
highlandvalley:

注目ボケ一覧 : ボケて(bokete)





(via TumbleOn)
highlandvalley:

注目ボケ一覧 : ボケて(bokete)





(via TumbleOn)
mayumiura:

GTD歴6年目の私が、これ以上ないくらい丁寧に解説します【総括】 | BrownDots





(via TumbleOn)
audidas:

electriclady-land:

wow

Is this hand fingering a galaxy…. What the fck





(via TumbleOn)

audidas:

electriclady-land:

wow

Is this hand fingering a galaxy…. What the fck

(via TumbleOn)
(via futureisfailed, hsmt)





(via TumbleOn)
highlandvalley:

kagurazakaundergroundresistance:

gkojax:

toronei:

katoyuu:

ohmomo:

turucrane:

Twitpic - Share photos on Twitter








(via TumbleOn)
・長生きは一応おめでたいことになっているが、モノには限度ということがある。

『野蛮な読書』:紙魚:So-netブログ

野蛮な読書 平松 洋子

(via ginzuna)
女性歌手に寄生して小節末に「いぇあ」「ぉーん」って挟んだり、Cメロで頼んでもいないラップを入れたりするだけのくせに曲名に「~ feat.○○」とか付けてもらう名も知らぬ男のことを心の中で『ヒモラッパー』って呼んでる。

Twitter / @karin (via extramegane)

ストラッパー

(via petapeta)

┃トンコさんとの出会いの真相

 昨日、島本和彦先生と対談したんだけど、その中で“トンコさんとの出会い”っていうのが語られたんだよね。これはまあ、「ホノオモユルとトンコさんの出会い」って言ってもいいし、「本物の島本くんとトンコさんの出会い」って言ってもいいんだけど。

 それによると、「バドミントン部のマネージャーをやってる、3年生のすごい綺麗な女の人だ」という噂は以前から聞いていたんだって。ドラマにも出てくるキッチャンと高橋くんから「あれはトンコさんっていう人だよ」って教えられていたと。

 で、「彼女に近づくためにはバドミントン部に入るしかないんじゃない?」という話になったんだけど。島本くんは「いや、自分で入りたいなんて言っちゃダメなんだ!」と。「そうじゃなくて、向こうから入ってくれと言わせたい!」と。

 そこで島本くんは、おもむろにノートを取り出して、メモをはじめた。何かというと、“脚本”を書きだしたんだよね。

Still005

┃“熱い男”島本和彦の真相

「まず、俺がこう言うだろ? そしてキッチャンがこう言う。それに高橋がこう返す。そうすると、トンコさんはこう言うだろう。それに対して高橋がこう言ったところで、俺がバシッとキメるから、キッチャンはそれを“いやいやいや”って止めてくれ。さらにその後、俺がこう言ったら、トンコさんは絶対に“ほんなら、島本くん、バドミントン部入ってぇや”って言うはずだ!

 そういう台本を実際に書いたんだって。バカだよね(笑)

 で、3人でリハーサルまでやって、いよいよ本番。部室の前で「へぇー、バドミントン部なんてあるんだぁー」っていうセリフをこれみよがしに言い放ったところからはじめたと。それを聞いた時、俺、もう「完全に“東京03”とかのコントだよな」って思ったんだけど。

 だけど、トンコさんの前でそのコントをやったら、本当に台本通りの展開になって。見事に「島本くん、バドミントン部入ってぇや」って言葉を言わせることに成功した。それで晴れて入部したそうなんだ。

 なんだかんだ言って、僕の中でも島本和彦っていう人は“熱い男”だっていうのがあったんだけども。でも、島本くんが言うには「俺の人生はこうです!」と。「熱血なだけのバカじゃないんですッ!」って言ってたんだよな。